医師連携コース

医師連携コースとは?

・ 医師との共通言語(ファシア・解剖・エコー・医療用語)のひとつである「超音波エコーの基礎と臨床での使い方」の実技講習です。 臨床経験5年以上ある先生やエコー使用歴3年未満の先生、医師と連携したい先生方に最適です 。

多職種連携とは?

日本超音波鍼灸協会では、「ファシア・解剖・エコー・医療用語」を共通言語に医療関係者と鍼灸師が連携し共に共存、発展できることを目指しております。さまざまな多職種連携の形が言われている中で、当会は「開業鍼灸師が補完医療として地域医療から必要とされる鍼灸院(プライマリケア)となることを目指します。そのためには、「医療機関にご高診願いがだせる」ことを連携の第一歩と考えています。そのためには鍼灸師側には精度の高い適応不適応の判断が求められますので、可視化できる超音波エコーが必要と考えています。

①エコー1dayセミナー

概要

2か月に1回 第2土曜日に東京都八王子市にて行われるエコーセミナーです。

  • 普段臨床で触っている身体の中がどうなっているのか知りたい
  • 普段打っている鍼がちゃんと狙った筋肉に当たっているのかを知りたい
  • 肺や腎臓などの臓器の深さを知りたい
  • エコーを購入検討or買ったばかりでどう使ったらいいかわからない
  • 難しいことはわからないけど、エコーには興味がある

という先生を対象としたセミナーです。

エコーは JAU で⽤意いたします(SonoSite Edge、東芝Viamo)

エコーを所有していない先生も是非ご参加ください。

詳細

項目内容
場所鍼灸院まごのて堂八王子院(京王八王子駅徒歩1分)
時間令和3年4月以降 第2⼟曜 19:00〜21:00(2時間)
費用会員、⾮会員ともに、12000円
対象者鍼灸師、鍼灸学生
講師JAU理事 高水盡   JAUスタッフ 河村陽平 JAUスタッフ 西濱龍二
定員6名(最低施⾏⼈数2名)
内容初学者対象のエコーセミナーです。   基本的な操作、安全管理、エコー解剖、エコーガイド下刺鍼やり方を行います。
日程2021年日程  
4月10日(頸肩部) 残り4名
6月12日(腰部) 残り4名
8月14日(腰下肢部) 残り4名
10月9日(頸肩部) 残り6名
12月11日(腰部) 残り6名
期限エコーの準備があるため各開催日の2週間前が申し込み期限となります。
最低遂行人数2名に達しない場合は中止となります。

申込方法

入会、各種コース申込フォームから申し込みをお願いします。

当会の多職種連携実績

(一社)日本整形内科学研究会(医師、歯科医師、PT)との連携

日本超音波鍼灸協会の会長の吉村、副会長の峰は、

(一社)日本整形内科学研究会の役員も兼任しております。

JAUスタッフも学術集会に参加したりエコー講師などを務め、多職種の方に鍼灸を知ってもらう活動もしております。

地域疼痛ケア協会(理学療法士)との連携

地域疼痛ケア協会の設立総会で講演を依頼されたり、

エコーの技術指導を行ったり、情報交換をして鍼灸の認知度向上に努めております。