鍼灸も見える化へ!安全な鍼灸の実現と社会的地位向上のために。

活動報告:一社 日本整形内科学研究会設立祝賀会 - お知らせ

MPS研究会が法人化し、一般社団法人 日本整形内科学研究会となります。

 

会長の吉村亮次は、社員、理事、関東甲信越ブロック副部長、研修カリキュラム作成委員を拝命しました。

副会長の峰真人は、社員、理事、会員情報部部長、ブロック運営委員を拝命しました。

理事の黒沢理人は、総務部部長を拝命しました。

スタッフの高水盡は、ブロック運営委員、コンプライアンス委員を拝命しました。

スタッフの小林由磨、生出聖子、高橋正司は、ブロック運営委員を拝命しました。

 

 

多職種の先生方に、「ファシアリリース鍼の技術を知ってもらい」、

「解剖・動作・エコー・医療用語」を共通言語に、

鍼灸師が多職種の先生方と連携できるように教育環境を整え、

日本の社会問題、鍼灸業界発展のお役にたちたいと考えています。

 

 

皆様のご支援とご協力を引き続き宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

会長 吉村亮次

 

f_gg9Ud018svcwhzn9febzdxl_gwmo0i