鍼灸も見える化へ!安全な鍼灸の実現と社会的地位向上のために。

活動告知:第8回プライマリ・ケア連合学会学術大会 - お知らせ

5月13日・14日に徳島県の高松で開催される「第8回プライマリ・ケア連合学会学術大会」に役員3名が参加します。

会長の吉村は、ワークショップ講師ならびに「解剖・動作・エコー・医療用語による鍼治療技術の共通言語化と標準化~適切な多職種連携を目指して~」についてポスター発表をします。

黒沢・峰は共同で「エコーによる炎症所見を根拠に鍼灸院からペインクリニックに紹介し、治療連携で改善した肩部痛患者の一例」についてポスター発表を致します。

学術大会終了後、また活動報告させていただきます。

 

キャプチャ